定住者&短期滞在ビザ

【定住者ビザについて】

 

定住者ビザのご相談で多いのは下記2つのケースかと思います。

 

「日本人の配偶者等」のビザをもつ外国人の方が、日本人配偶者と離婚または死別した際に、引き続き日本にいたいケース
②日本人と国際結婚した外国人配偶者の子供を日本へ呼びたいケース

では、それぞれの注意点とポイントについてですが、

 

①のケースでは、日本人と離婚してしまいますと、「日本人の配偶者等」のビザでは日本にいることができませんので、帰国する必要が発生します。まだビザの在留期間が残っていても、6か月以内に別のビザへ変更しなくてはいけません。また、日本人と離婚した場合は2週間以内に入管へ行き、離婚した旨の届け出をしなければなりません。ちなみに、この届出が遅れると今後の在留資格変更申請での審査に影響が出る可能性があります。別のビザへ変更(例えば、他の日本人と再婚して、日本人の配偶者等ビザや就職して就労系のビザなど)ができれば良いのですが、難しい場合は、定住者ビザを検討しましょう。「日本人の配偶者等」ビザで3年以上日本に在留していたのであれば、離婚しても「定住者ビザ」への変更ができる可能性があります。もちろん、定住者ビザも審査がありますので、理由書がとても重要となります。なぜ日本にいたいのか、生計はどのようにしていくのかなど、きちんと説明をする必要があります。

 

②は「日本人の配偶者等」のビザをもつ外国人の方で、日本人と結婚する前、本国で結婚をしていて、子供がいるような場合です。その子供を日本によべるのでしょうか?結論としては、その子供が未成年で未婚であれば定住者ビザで日本へよべる可能性があります。それではよぶ場合のポイントですが、まず、子供の年齢が高ければ高いほど審査の難易度が上がります。また、子供のこと以外で、よぶ日本側の状況も重要です。まず、子供を扶養できる資力があるのか、また、なぜこのタイミングで日本によぶのか、子供に対してきちんと教育環境を与えることができるのかなどの理由書を作成して入管にて審査を受ける必要があります。

 


 

【短期滞在ビザについて】

 

短期滞在ビザの目的は下記2つが多いと思います。

 親族を日本に呼ぶ場合

② ビジネス(商用)で日本に呼ぶ場合

まず、共通する注意点とポイントですが、

 

・短期滞在ビザは本国の日本人、総領事館にて申請しますので、日本で申請はしません。

(国によっては、現地の代理機関を通して申請します)

・在留期間は「15日」「30日」「90日」です。

・収益を上げる為には取得できません。商用でも収益はあげられません。

 

その為、書類は日本で準備しますので、その書類作成が重要となります。特に、理由書の中で、よぶ人とよばれる人の関係性をしっかりと説明することが必要です。一旦、不許可となりますと、数か月同じ理由で再申請が出来ませんので注意が必要です。

サービスの進め方

  • 1.お問合せ

    お問合せ、コンタクトページからフォーマットにご記入の上送信ください。1両日中にはご返事を差し上げます。もし、数日経ってもご返事が無いようでしたら、送信されていない可能性もありますので、お手数をお掛け致しまして恐縮でございますが、再送か直接お電話をお願い致します。

  • 2. 相談

    じっくりとご事情やご希望をお伺い致します。ベストな対応をお打合せ致しましょう。

  • 3. お申込み

    お見積りをご提示差し上げますので、サービス内容や料金にご納得頂きましたらお申込みとなります。まずは着手金として、業務報酬の半額をお振込みもしくは現金にていただきます。少しでもご不明点がございましたら、お気軽にご質問ください。

  • 4. 必要資料のご案内

    ビザ取得用の必要書類をピックアップしてご案内致しますので、ご確認とご対応をお願いします。

  • 5. 許可通知

    おめでとうございます!入管から許可の通知が当方に届いたらご連絡致します。

料金

☆人気NO.1☆【スタンダードプラン】
2大保証完備【返金保証対応】【無料再申請保証対応】
このプランで申請手続きは全て依頼できます。

海外から外国人を招聘する

(在留資格認定証明書交付申請)

95,000円
ビザ種類変更(在留資格変更許可申請) 95,000円
現在のビザを延長したい(在留期間更新許可申請)※単純更新 39,000円
短期滞在(親族訪問・短期商用) 15日:35,000円

30日:40,000円

90日:45,000円

期限内に認定証明書交付された場合からの変更許可申請 35,000円
※自己申請または他社申請で不許可からのリカバリー(再申請) +35,000円


※別途消費税

☆お任せ☆【フルサポートプラン】
2大保証完備【返金保証対応】【無料再申請保証対応】
お忙しいあなたにピッタリ。行政書士が役所にて必要書類を収集します。
海外から外国人を招聘する

(在留資格認定証明書交付申請)

135,000円
ビザ種類変更(在留資格変更許可申請) 135,000円
現在のビザを延長したい(在留期間更新許可申請)※単純更新 50,000円
短期滞在(親族訪問・短期商用) 15日:35,000円

30日:40,000円

90日:45,000円

期限内に認定証明書交付された場合からの変更許可申請 50,000円
※自己申請または他社申請で不許可からのリカバリー(再申請) +35,000円


※別途消費税

書類チェック【エコノミープラン】
※全額前金性・保障制度対象外 書類チェックのみを対応するプランです。
海外から外国人を招へいする(在留資格認定証明書交付申請) 70,000円
ビザ種類変更(在留期間変更許可申請)          70,000円
現在のビザを延長したい(在留期間更新許可申請)     20,000円


※別途消費税

※申請人様のご状況により、上記以外の金額の可能性があります。
※当事務所で本国書類を翻訳する場合は別途追加料金(実費)が発生します。
目安料金:中国語・韓国語=A4 1枚3,500円 英語=A4 1枚4,500円
その他の言語につきましてはご相談ください。